取締役のご紹介


エリック・タン 
会長

エリックは米国で卒業した後、2008年からさまざまな家族のビジネスに携わってきました。その内容は、不動産開発、建設、運輸、工業団地開発、証券・財産管理など多岐にわたります。日常業務の管理から始まり、ついにはいくつかの会社を経営するまでになりました。現在、エリックは、カンボジア証券市場にカンボジアの民間企業として初めて上場したプノンペン経済特区の理事の一人です。エリックは2015年、Mitona Investment Holding (MIH)を設立しました



上松 裕士
執行役員/CEO

2010年2月よりCEOと執行役員を務めています。また、リスクマネジメント委員会の委員でもあります。

1991年に立教大学で社会関係学の学士号を取得。 東南アジアでの会社経営に20年以上の経験を持ちます。






大坪 広志
非業務執行役員

2014年8月より非業務執行役員を務めています。

2008年、長崎大学にて経済学の学士号を取得。2008年にTK Clean Environment Co., Ltd.でキャリアを始めて以来、経営分野で6年の経験があります。2010年にはClarus Environment Co., Ltd.に本部マネージャーとして入社、2011年にはZephyrの社長室マネージャーとなり、2014年に同社役員となりました。また2014年以降はTomonius Co., Ltd.の役員でもあります。




豊田 賢治
非業務執行役員

2014年8月から非業務執行役員を務めています。

1996年に東京大学で学士(法学)を取得。2001年には日本弁護士連合会に弁護士として登録し、法曹界で15年以上の経験があります。2001年に三井安田法律事務所に入所し、その後2004年にはオリック・へリントン・アンド・サトクリフLLP東京オフィスに参加しました。2006年には東京桜橋法律事務所のパートナー弁護士として活動し、また2010年からはZephyrの顧問弁護士を務めています。2011年からはTSK社の役員にも任命されています。



タネィ・ピリヨティンクン 
非業務執行役員

タイ人であるタネィ・ピリヨティンクン は、2016年9月より非業務執行役員を務めています。

1997年にタイのアサンプション大学にて国際経営学・財政学の学士号を取得、2004年には米国ペンシルバニア大学で経済とファイナンスの修士号を取得しました。2007年にはさらに、タイ、チュラロンコン大学のサシン経営大学院にて経営学修士号を得ました。現在、タイ証券市場に上場しているJWD InfoLogistics Public Company Limitedの取締役でもあります。

国際的なサプライチェーン、運輸・輸送の分野で17年余りの経験を持ちます。タイ、インド、UAE、デンマーク、ベトナム、マレーシアなど、多くの国で国際的な経験と実績を築いています。


カン・ウェイギー
社外取締役
監査委員会委員長

マレーシア人であるカン・ウェイギーは、2015年4月1日に社外取締役に任命されました。監査委員会委員長でもあります。

1988年にAsian Institute of Managementにて経営学修士号を取得しました。1982年には勅許公認会計士会のメンバーになり、1983年からはマレーシアの会計士会にも参加、2001年からは同会の監査委員会委員長も務めています。また、2001年からはマレーシア勅許租税協会のメンバー、2010年からはKICPAAのメンバーでもあります。会計、監査、税務の分野で35年以上の経験を持ちます。1979年にAudit Associate at Hanafiah Raslan & Mohamadでキャリアをスタートして以降、1983年にSouthern Bank Berhad as Internal Auditor、1984年にTamm Holdings (M) Sdn Bhd as Financial Comptrollerに参加。1990年にはBilly Kang & Co.のパートナーとして、2010年にはカンボジアのBG Associates Ltd.のパートナーとしても活躍しています。


Mr.Arthur Law Hian Tat
独立取締役/リスクマネジメント委員会委員長

マレーシア人であるArthur Law Hian Tatは、当社の独立取締役で、リスクマネジメント委員会の委員長および監査委員会のメンバーです。

 オーストラリアのモナシュ大学で経済学の学士号を取得、メルボルンで勅許会計士となり、1978年にはオーストラリア勅許会計士協会のメンバーとなりました。現在は同協会のフェローです。会計士として、マレーシア、オーストラリア、カンボジア、ラオスで40年以上にわたり活躍してきました。2005年にはカンボジア公認会計士・監査士協会(KICPAA)のメンバーとなり、現在はKICPAAメンバー企業のパートナーとして、会計や監査に携わっています。カンボジアでの職歴は約20年に及びます。その間、消費財から建築、電力などさまざまな産業分野および公的機関のクライアントとともに働いてきました。カンボジア証券取引所に上場した2つの民間企業のパートナーでもありました。プノンペンの公認会計士事務所のパートナーとして勤めるほか、会計士育成にも積極的に取り組んできています。

Copyright © 2021 PPSEZ. All Rights Reserved.