マネージメントチームのご紹介

上松 裕士
最高経営責任者(CEO)

2010年2月より執行役員および最高経営責任者を務めています。また、リスクマネジメント委員会の委員でもあります。

1991年に立教大学で社会関係学の学士号を取得。 東南アジアでの会社経営に20年以上の経験を持ちます。

 




房 宜偉(フォン・ニーゥェイ)
最高財務責任者(CFO)

マレーシア人であるフォン・ニーゥェイは、2013年6月から最高財務責任者(CFO)を務め、財務計画と戦略について責任を負っています。2001年より英国勅許公認会計士会、マレーシア勅許租税協会のメンバーであり、2003年からはマレーシアファイナンシャルプラニング協会認可のファイナンシャルプランナー、2005年からはKICPAAのメンバーです。

会計や財務の分野で25年以上の経験があります。1999年にはマレーシアの上場企業であるSunway City Bhd.に財務管理者として入社し、マレーシアやカンボジアのホテル管理に携わりました。その後、上級財務管理者となりました。2007年には、インターコンチネンタルホテルグループでビジネス支援や財務を担当しました。2009年にはAttwood Investment Group Co., Ltd.に最高財務責任者として参画しました。


高橋 恒弘
General Manager for Business Development

1955年4月16日東京生まれ。1978年に慶応義塾大学にて法学の学士号を取得しました。2017年1月16日よりプノンペン経済特区社のゼネラルマネージャーを務めています。

東南アジア地域で31年に及ぶ実績を持ち、フィリピンとミャンマーでは日立製作所のグローバルビジネスの展開に携わってきました。現在は、その経験を活かし、カンボジア国内および近隣諸国でのビジネス拡大を主に担っています。




趙 敏茜(Michelle Zhao)
シニアマネージャー、セールス・マーケティング/顧客サービス部

中国人であるMichelle Zhaoは、セールス・マーケティングおよび顧客サービス部のシニアマネージャーを2013年9月から務めています。主な担当は、マーケティング活動のほか、CSR活動も含みます。

2008年に中国の西安外国語大学で日本文学の学士号を取得しました。2008年に日本のタケダレースに入社し、2010年にはFTアパレルの開発部門を担当。2013年にプノンペン経済特区社に入社するまで6年余りのPRやマーケティングの経験があります。


長岡 奨
シニアマネージャー、顧客サービス部 - ジャパンデスク

プノンペン経済特区社にはシニアマネージャーとして2015年11月に加わりました。現在、特区内の運営管理に携わり、また、ジャパンデスクとして、日系企業や日本人投資家に対する営業や最高レベルの顧客サービスを提供する任務を負っています。

東南アジアでの事業運営と経営に20年以上の経験を持ち、2004年には全日空のグループ会社であるOCSタイランドに入社し、2004年から2014年にはOCSカンボジアの代表を務めました。



Ms. Hun Chanpey
シニアマネージャー、経理部

カンボジア人であるHun Chanpeyは、プノンペン経済特区社の経理部に2007年3月に入社、2011年1月にはマネージャーに昇格し、2013年にシニアマネージャーとなりました。経理および税務がその任務です。

2000年に国立経営大学にて会計学の学士号を取得し、2008年にはビルトブライト大学でMBAを取得しました。

経理分野での経験は14年に及びます。2000年にMedia Services Limitedでキャリアをスタートし、2001年にはカーサ・ホテルに入社、2003年にAttwood Import Export Co., Ltd.に入社し、2007年にプノンペン経済特区社に加わりました。


Mr. Sun Samoeun
シニアマネージャー、人事部

カンボジア人であるSun Samoeunは、2015年1月からプノンペン経済特区社のシニアマネージャーを務めています。2005年にノートン大学にて英語の学士号(外国語としての英語教授法)を取得、2007年には米国のコンコルディア大学にて教育学の修士号を取得しました。

2004年にノートン大学で英語とビジネスコミュニケーションの教師としてキャリアをスタート。2006年には留学のため米国に渡りました。2008年にはカンボジア経営者連盟(CAMFEBA)にトレーニング・コーディネーター/トレイナーとして加わり、2009円にはNautisco Seafood Manufacturing Ltd.に人事担当マネージャーとして入社、2012年にはFirst Cambodia Co., Ltd.に、2013年にはDFI Lucky Private Limitedでキャリアを積み、2015年にプノンペン経済特区社に加わりました。


Mr. Leang Dara
内部監査部部長

カンボジア人であるLeang Daraは、プノンペン経済特区社の内部監査部の部長を2015年6月15日から務めています。

2008年に王立法律経済大学で会計学の学士号を取得、2009年には王立プノンペン大学で英語の学士号を取得しました。2008年にAnco Brother Co, Ltd. に入社、2009年にはErnst & Young (Cambodia) Ltd.で監査と保証業務を担当しました。2014年にはCIMB銀行にアナリストとして加わり、2015年にプノンペン経済特区社に入社しました。



Dr. Ardisak Boeprasert
投資家情報マネージャー兼ディスクロージャー・オフィサー

タイ人であるArdisak Boeprasertは、2016年9月からプノンペン経済特区社の投資家情報マネージャー兼ディスクロージャー・オフィサーを務めています。

主な担当は投資家向け広報 (IR)、企業情報の公開です。2001年にタイのチュラロンコン大学で化学工学の学士号を取得、2005年にはアサンプション大学でMBAを取得しました。さらに2012年にはタイの国立開発行政研究院 (NIDA)で、財政学の博士号を取得しました。

タイの上場企業で10年余り培った投資家情報やディスクロージャー分野の専門性を生かし、現職に就いています。また、経営分析やフィージビリティ・スタディ、財政モデル、戦略構築についても、石油化学から通信、飲食業までタイの上場企業で幅広く豊かな経験があります。


ミッションステートメント

人口1500万と小さいながらも急速に成長している国内市場を有しているカンボジア王国は、東南アジアで最も安全かつダイナミックな経済の一つとして急浮上しています。カンボジアは過去10年間、大方の期待を上回る平均8%のGDP成長率を達成し、1999年以降のASEANに加入、そして2004年、世界貿易機関(WTO)にも加入しました。このようにカンボジアは新興経済地域および世界貿易体制への統合に多大な進歩を遂げてきました。

Copyright © 2019 PPSEZ. All Rights Reserved.