新型コロナワクチン、プノンペン経済特区での2回目の接種

2021428日、カンボジア労働職業訓練省はサムデク・テチョ・ボランティアドクター・ナースとともに、プノンペン経済特区内で2回目となる新型コロナワクチンの接種を実施しました。プノンペン経済特区内の従業員、その家族、外国人ら約2万人が接種を受けました。

このワクチン接種事業は2021428日から5月4日まで実施され、最初にSinovacを接種した人は二回目の接種を受けるように指示されました。

 ワクチンを接種しても、マスク着用、頻繁な手洗い、適度な距離を保つこと、人が多く集まるところは急けること、などの感染予防策は徹底して実施することが新型コロナの感染を避けるためにはとても大切です。

 コロナ禍を乗り切るために、政府が指導する予防策を徹底して守り続けましょう。

Copyright © 2021 PPSEZ. All Rights Reserved.