PPSEZで年次株主総会(AGM)を開催

~カンボジアの民間企業として初めてカンボジア証券取引所に上場、株主から強い支持

2017年4月21日、PPSEZの年次株主総会が開かれ、取締役会は、2016年度の決算および現在進行中の開発計画について明らかにしました。PPSEZのリム・チホー会長は、冒頭のスピーチでこのように述べました。「2016年は、PPSEZにとって節目となる非常に大切な年でした。なぜなら、この年の5月30日カンボジア証券取引所に上場した最初のカンボジアの民間企業となったからです。2007年に創業してからの長い取り組みの成果といえます。私たちは当初から変わらず、カンボジアで最高の経済特別区をつくりあげるという大きな目的を掲げてきました」

PPSEZのフォン・ニーウェイCFOの説明によると、2016年度の売上収入は、世界経済の落ち込みにより、2015年度よりも大きく下がりました。「2016年の売上収入は、明らかに2015年よりも下がりました。2016年の純利益は約145万ドルです。しかしながら、売上総利益率は上がっています。また、IPOの資金調達により、土地を購入し、開発やインフラに投資したことから、総資産は増えています」。また、負債比率が2015年の0.78から0.55と改善されていることも強調しました。

年次株主総会の中で、PPSEZの株主は、昨年開かれた臨総会の議事録、2016年決算報告(2016年12月31日まで)、定款の修正を承認しました。すべての決議は圧倒的多数で承認され、取締役もすべて、2年の任期で再選されました。

年次株主総会は、PPSEZの取締役会が株主のみなさまに開発計画を示す貴重な機会です。PPSEZは、カンボジア経済への投資家にさまざまなオファーができるよう、その事業内容を拡張しています。上松裕士CEOは「弊社のビジネスを拡大するためには、2つの戦略を重視する必要があります。ひとつは、PPSEZとポイペトPPSEZを拡大すること。そして二つ目は、われわれのビジネスを多角化して、土地販売以外にも収入手段を拡大することです。例えば、電力、水供給、レンタル工場や倉庫、建設などです。タイの一流工業団地ディベロッパーの収入内訳をみると、土地の販売による収入は全体の50%以下です。私たちは、土地販売以

主要入居企業

連絡先

Phnom Penh Special Economic Zone
National Road No.4, Khan Posenchey,
Phnom Penh, Cambodia.

電話         :
+855 (0)23 729 798
ファックス: +855 (0)23 729 799